BIWAKO OPEN 2004

2004.09.26 琵琶湖オープン第4戦 ラッキークラフトCUP 密着REPORT
ZOOM IN 室田 修
Result 0g
Photo/Text by 西尾 匡弘
第3戦 第1位の 室田 修さん 密着レポート

今回もわたくし、西尾匡弘が前大会を3本、5350gのウェイトで優勝した、 室田 修さんの釣りに密着してまいりました。


この日の天気はくもりで雲と雲の隙間から太陽が覗くという、実にいやらしい天候であった。風はと言うとほぼ無風、それに近日の雨の影響とターンオーバーで琵琶湖はかなり厳しいコンデションになることが予想された。


7:15
マリーナフレンズに到着後、今回密着させていただく選手、室田さんとご対面。今大会の釣りの話をしていただいたところ、朝のメインはディープホール、日が上がってからはリーズ、ドシャローのカバーへ、天候がもっと曇れば、シャローウィードでのビックベイトもあるとのことだった。

■メインタックル
ベイト5本、そのうち4本がテキサスリグ、1本がビックベイトのオールベイトタックル。

■サブタックル
クランク用、ジグ用のベイトが2本、スピニングのライトリグ用の姿もあったが…「今回はスピニングは使わない、男の釣りをする!!」と室田さんは断言した。

7:30マリーナフレンズからスタート。目指すはディープホールの8mフラット。

7:41
ポイントに到着、投げたルアーはジャイアントミール11インチの1/4テキサス!!これをドラッキング気味に流す。どうやら先週は釣れる様子があったと室田さんは言うが…

8:00
バイト!!しかし乗らず…「くぅ〜!!」との声が思わず室田さんから出る。この数分後、再びバイトがあるが…これもフッキングに至らず!!どうも魚の喰いが浅いようだ…

8:10
ギドスリンガー91/2インチのテキサスにチェンジ。ルアーを変えてみて反応を確かめる。

9:03
しばらくはアタリが遠退いた為、ついに必殺ウェポン投入!!室田さん自身「これを使う時は見えていない。」と語ったマッドペッパーマグナムによるドラッキング開始。

9:20
ジャイアントミールのテキサスに戻し、ひたすら粘る。

9:52
戦略変更、1オンスフットボールジグでリアクション狙いに…はたして反応は変わるのか!?

10:00
フォール中に立て続けにバイト!!魚は浮いていると判断、フォールスピードを落とす為にジグのウェイトを3/4オンスにチェンジ!!

10:22
その後、ジャイアントミールに戻し粘るが…ついに移動。

10:32
赤野井のドシャローに到着。室田さんが取り出したのはウルトラバイブクローの1/2テキサス。これでカバーをテンポよく打っていくが…先行者がいたのでプレッシャーが高かったのか、バイトすら得られない。この頃から室田さんのエレキも機械ながら自身の体調不調を訴え出す…

11:30
何本かは獲れると見込んでいたエリアからバイトはなく。移動…帰着場所の近く、名鉄の沖にエリアを変更し、再びジャイアントミールのテキサスを投入!!ここも室田さんいわく先週まではよかったと言うが…「重要な風が吹いていない」と室田さんは言った。

12:00
ワームチェンジ、パワーホッグ4インチの1/4テキサスに変更。この頃から風が僅かに吹き出し、水中には多くのベイトフィッシュいるようだったが…

12:40
ジャイアントミールにアタリ!!どうやらマメのようです…最後まで粘り、ドラマを待つが…

12:50
帰着申告、結果は残念ながらノーフィッシュ。


結果的には非常に残念でしたが、室田さんにはストロングスタイルを貫き通した男の表情がありました。日本一の琵琶湖だからこそ出来る豪快な釣り方!!それを見せて頂きました。今回は一日同船させて頂きありがとうございました…!!

すいませんが一言。

前回プレスさせていただいた堀さん、そして今回の室田さん。このお二人からは本当に「琵琶湖が好き!!バス釣りが好き!!」と言う熱いバサー魂を感じました。しかし、熱いバサーに対して対象魚のブラックバスはかつてない危機にさらされています…特定外来種の問題が世間で付きまとい。この特定外来生物にもしバスが選ばれるような事があれば…ブラックバスは琵琶湖だけでなく、全国各地で全面駆除の方向へ動き出します。これからもバスフィッシングを続ける為、今こそ全国のバサーは立ち上がる時です!!!!署名だけでもどうかよろしくお願いします!!


レポーター 西尾匡弘 (ヒューマンフィッシングカレッジ学生)

ビワコオープン第3戦より、前試合上位3名のアングラーにプレスを同船させて頂き、今回のようなレポートをさせて頂くことになりました。上位入賞者の試合での一日をレポートさせて頂き、他のアングラーの参考になればという思いからの企画ですが、気持ちよく同船をお受けいただき、また詳しいレポートの公開にご協力いただき、スタッフ一同大変感謝しております。ありがとうございました。