BIWAKO OPEN 2004

2004.10.24 琵琶湖オープン第5戦 ジャッカルカップCUP 密着REPORT
ZOOM IN 今泉元秀
Result 0g
Photo/Text by 徳田 勝明
第4戦 第2位の 今泉 元秀さん 密着レポート

今回は、わたくし徳田が第4戦で7キロオーバーの驚異的なウエイトを出しながら、惜しくも2位となった「今泉元秀」さんに密着してきました。今回は今泉さん所属のイシヅカマリンが、諸事情によりボートの昇降が出来ないため緊急処置として、リブレレンタルボートを利用してのエントリーです。


7:10
リブレに到着し今泉さんと合流。今回の作戦について聞いてみました。

 「タックルは4本セットしてますが、2本で十分だと思うんですけどね〜」
 「前日のプラで良い魚が釣れた場所がありますが、とりあえずは前回の場所から始めてみようかな・・・」

-----------------------------------------------------------------------------
メインルアー
■テキサスリグ   ブラッシュホッグ5インチ オリジナル(カラー:スカッパノン)  1ozシンカー
■スピナーベイト  クリスタルS:タンデムウィロー3/4 (カラー:ホワイト)
-----------------------------------------------------------------------------


7:30
食事&ライブウェルチェックを終え、いざスタート!

7:41
カネカ沖 取水塔周辺3〜4mライン 水温18.5℃。今泉さんは、テキサスリグをピッチングでキャストしていく・・・

オープンウォーターでのピッチングキャストについて聞いてみました。

 「濁りが入っていて目では見えないので、魚探で良さそうなウィードを探して落としていってます」

7:49
今の所、バイトは無い様子
 「昨日発見した良さそうなウィードが見つからないんですよ〜(笑)」


7:54
 「魚のいる気配はあるんですけどね〜」
 「昨日、同じリグでバイトがあったので、触らずにそっとしておいたんですよ(笑)」

7:56
 「水悪いのに、なんでこのポイントに拘ったんだろ・・・・」

8:01
 「移動します!またこのポイントには戻ってきますけどね(笑)」

8:09
自衛隊大スロープ沖 2〜4ライン  水温18.0℃

今回のメインリグでもあるテキサスの1ozシンカーについて聞いてみました。

 「1ozクラスのヘビーウエイトのシンカーを使う理由はなんですか?」

 「夏はウィードの根元付近の空洞部分を回遊するバスを狙っているので、
 ウィードの層を突き破れる1ozリグを好んで使ってます」
 「今は秋ですが、今日は濁っているのでウィードの根元にピッタリはりついているであろう?
 バスを狙いたいので1ozを使っています。あくまでもイメージですけどね(笑)」

8:15
同船者の方に小バスがHIT

8:21
 「周りのボートがいなくなったので、良さそうなウィードの上を流します」
 「ここはさっきのポイントよりウィードの背も高いでしょ?昨日はここで良いのが出たんですよ」
 「すみません・・・魚探消しますね」

8:23
ショートディスタンスのピッチングを続けていく・・・・

8:31
再び魚探のスイッチ電源を入れる
 「どっちかのポイントで1本は・・・と思ってるんですけどね・・・」

8:34
 「あれって庄司プロですよね?」 ここで庄司プロと遭遇。

使っているリグを見て
 「ここではクランクが良いみたいですね(笑)」

8:47
周りのボートもロッドが曲がっている様子は無い

8:50
 「あ〜〜〜っ!今魚だった!」  ここで痛恨のフッキングミス

すかさず、同船者の方に40UPがHIT

8:55
その直後に今泉さんにも40UPがHIT!
 「これぐらいのサイズは抜いちゃいます(笑)」「着底して2〜3回シェイク入れたら食いました」

9:06 
 「ワームの色を変えてみましょう」

9:12
 「少し沖へ戻ります。ドラッキングしながら行こう」
ここでスピニングタックルにチェンジ

9:23
再びテキサスリグにチェンジ。直後に
 「あ〜〜〜〜っ!・・・今のは違いました(笑)」

9:38
 「ワームの色が悪いんかな?」
ここでワームをブラッシュホッグからロッククローにチェンジ

9:43
 「もう少し流したら移動しますね」「と言うか、移動しようにも行くポイントが無くなりました(笑)」
 「ある事はあるんですが、ここより良いとは思えないし・・・」

9:53
クランクベイト〜テキサスリグ〜クランクベイトとルアーチェンジ

10:15
 「エレキで少し移動しますね。ここはあまり良くない・・・」
スロープ前に移動して、クランク〜バイクレーション等、巻物中心にキャスト

バイブレーション振ってラトル音を聞いてるのを見て質問
 
 「気分的なもんですけどね(笑)今日は、シャカシャカなるタイプよりは
 コトコトなるタイプの方が良いかな?って思って」

10:26 
ダウンショットにチェンジ
 「ギルすら居ないんかな〜?(笑)水が死んでる感じですね」

10:38
同船者の方のダウンショットにキーパーサイズがHIT

10:47
テキサスにチェンジ
 「試しにシンカー軽くしてみたんですけど、ストン!って落ちていかないんで
 気持ちよくない!(笑)シンカー変えます」

11:00
 「魚は絶対に居ると思うんですよ。ただ、濁りが入ったり台風の影響でウィードが
 飛ばされたりしてるので、プレッシャーは大きいと思うんですよね」
 「ポイントを休ませて何回も入り直し、目の前に落とせば口を使ってくれるとは思うんですが、
 周りにも沢山のボートが浮いていますし、なかなか・・・・(笑)」

11:12
待望の2本目がテキサス(ロッククロー)にHIT!
 「リフト&フォールで3回ぐらい落としたらきました」
 「あと1本!時間も良い感じだし、別な意味でプレッシャーがかかってきました(笑)」


12:07
 「ダメですね〜少しエレキで動きます」「ここで粘るか?キーパー狙いに走るか?微妙・・・・」

12:20
 「移動します。朝一の場所に戻ります」

12:27
再びカネカ沖に到着
 「あと10分です」

12:37
 「バイト無いですね〜。ダメか・・・・帰ります」

12:40
山ノ下湾前にて
 「泣きの1キャスト良いですか?(笑)」

12:42 
 「終了!戻ります」


残念ながらリミットメイクとはなりませんでしたが、2本で3140gの好ウエイトで見事6位入賞となりました!

今泉さんは、この大会の成績次第では年間ランキング上位も狙える大事な1戦でかなりのプレッシャーがあったのではないかと思いますが、見事にグッドウエイトを釣り上げて、年間ランキングでも4位という好成績となりました〜!
おめでとうございます。

こんな大切な試合にプレスとして乗せて頂いた今泉さんを始め、琵琶湖オープンのスタッフの皆様には貴重な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。また機会がありましたら、是非やらせて頂きたいと思っています!
徳田 勝明
ビワコオープン第3戦より、前試合上位3名のアングラーにプレスを同船させて頂き、今回のようなレポートをさせて頂くことになりました。上位入賞者の試合での一日をレポートさせて頂き、他のアングラーの参考になればという思いからの企画ですが、気持ちよく同船をお受けいただき、また詳しいレポートの公開にご協力いただき、スタッフ一同大変感謝しております。ありがとうございました。