BIWAKO OPEN 2005

2005年5月29日 琵琶湖オープン第2戦 タックルベリーCUP 密着REPORT
Photo/Text by 西尾匡弘

今回はわたくし、西尾匡弘があの西日本バスクラブで有名な
奥村哲史部長(以下部長)に密着してまいりました。
部長はみなさんもご存知の琵琶湖プロガイド、
同じボートに乗って釣りを見るような機会はなかなかないので、
かなり楽しみでした。


 この日の琵琶湖は朝から少々冷え込み、湖面は穏やかであった。バスの状態は全体的にアフターが多いが、まだまだスポーニング真っ只中のバスも多数おり。様々な状態の魚がいる中での大会となった。

朝、6時過ぎにアークロイヤルボートクラブに到着。今回お世話になる部長に挨拶をし、さっそく本日の狙うパターンを聞いてみた。

部長「え〜今日はアフターバス狙い。ガイドで前々日、前日と出たけど、バスの反応は渋めなので、いつもこの時期に行くポイント、釣りを更にプラスアルファで考えていく。アフターバスをゆっくりのんびりが今回のテーマ。」

今回のタックル
■ベイト4本 

  1. バイブレーション1/2オンス
  2. 1/4オンステキサス ビックカーリーテイル
  3. 1/4オンステキサス カーリーテイル
  4. 1/4オンスキャロ 4インチストレートワーム

■スピニング3本

  1. ノーシンカー 4インチストレートワーム
  2. 1/16オンスジグヘッド 4インチカーリーテイル
  3. ネコリグ 5インチストレートワーム

 7:30 スタート。まず目指したのはアクティバ沖で、ファーストキャストはスピニング、4インチワームのノーシンカー!! 私「あの〜水深が4・5mくらいあるんですが…ノーシンカーって?」 部長「今回のテーマはゆっくりのんびりやから。」 私「・・・」 いくらなんでもゆっくりすぎると思ったが、部長は無言でドラッキング気味に探って行く。

7:45 ノーシンカーにいきなりヒット!! 狙っているサイズではないが…とりあえず一本目。部長「なっ!!釣れたやろ!!」と部長。実は私も前日に琵琶湖でチャプターに出ており、博打パターンに走ってノーフィッシュとなっていたため、「もう西尾には勝ったな。」と開始15分足らずで言われてしまった(トホホ…)

8:00 ノーシンカーから5インチストレートのネコリグにチェンジ。今度はアクションを付けながら探って行く…。

8:20 痛恨のバラシ…部長「デカイと思ったのに…ネコリグはバレやすいからなー。」確かに乗っていたのに残念です。この辺りからやや風が出てきた…

8:30 再びバラシ!! ワームにはバスの噛んだ後が…部長「さっきと今のアタリはネコリグをアクションさせた時に喰って来てる。」と言うことはリアクションか!?

8:40 再び4インチストレートのノーシンカーに戻し、さっそくアタリが…部長「ええ風が出てきた…。」と部長。心地よいくらいの強さである。

9:10 よい風は出てきたが、バイトが続かなかったので…プリンス沖へ移動。水深あh4メートルライン。部長が投げたのは1/4テキサスにカーリーテイル。その時…魚探にベイトの大きな群れが映し出され、部長「めっちゃめちゃベイトいはるなぁ・・・」 私「アユですか?」 部長「鵜がいるから多分アユかもしれん。」ベイトがいるなら期待できそう…

9:20 スピンングのノーシンカーに持ち替えた途端にヒット!! ロッドが絞り込まれ…上がって来たのは余裕でキロはあるプリプリのナイスバス!! 部長「めっちゃ綺麗なバスやな〜。」の言葉通り、鮮やかなグリーン色とクッキリとをした黒い斑点しており、部長「アフターでその場にじっとしてるバスじゃなく、もう回復してベイトを食べに来たバスやろうな。」との事。

9:40 若干、沖へと移動。

10:10 ヒット!! かわいいサイズだが…とりあえずキーパー。リミットメイク達成!! しかし部長も「これはウェイイン出来へんなぁ〜」と苦笑い。

10:40 アタリ続かず…また更に沖へ。

11:15 部長「もうちょっと釣れる予定やったのに(笑)日を追うごとに水が悪くなってるなぁ〜」ここも水が汚いので移動。

11:20 更に更に沖へ移動すると…部長「ここはさっきよりきれいやなぁ〜ただ、風がなくなってきた…」 そう、風がないと魚が浮いて来ない。活性が…その後、バイトはなく。部長「やっぱり西尾が乗ると釣れへん。釣れない君やわぁ〜」と言われてしまった。確かに私が乗ると、普段釣る人も釣れない…けど、部長がこのレッテルを剥がしてください!!

12:05 ようやくヒット〜!!朝一にバラした5インチストレートのネコリグ!!「獲ってくれ部長〜!!」と願った甲斐あり、これまたナイスバス!! 部長「朝一にバラしたのでフックサイズをワンサイズ大きくしてみた。少し浮いてるかも・・・」 私「後、一本大きいのを釣ってください。」とお願い。そうなれば釣れない君も卒業だ〜!!

12:50 最後に…!! ドラマはなく…帰着を迎えた。
結果は3130g、36位!!う〜ん、後、一本。お疲れ様でした。

 さて部長、今回の敗因を挙げるとすると?
部長「最初、ベイトフィッシュがいた場所で信じてバスを食わせる事ができなかった事が目標ウェイトを出せなかった原因かな…」
 う〜ん、残念でした…しかし、本当にいい勉強をさせてもらい、今後の釣りに役立てたいと思います。一日同船せせていただき本当にありがとうございした。

ウェイイン終了後もジャンケン大会に司会と本当にお疲れ様でした。 


部長こと奥村プロのホームページはこちら