BIWAKO OPEN 2005

2005年6月26日 琵琶湖オープン第3戦 DENSOイリジウムパワーCUP 密着REPORT
Photo/Text by 西尾匡弘

鍋島伸也さん
今回はわたくしが前回の琵琶湖オープン第3位に入られた
鍋島伸也 選手に密着してまいりました。

当日の琵琶湖は朝の内だけは日が隠れていたが次第に強い日ざしが照りつけ、いつも以上の暑さとなった。そして、南西から強い風は吹いてはいたが…堰は閉じており、水はほとんど動いていない中での大会となった。

7:00 今回お世話になる鍋島選手とご対面。
「最近の琵琶湖はあんまり釣れていないよ。」とのこと、やはり湖はなかなか手ごわい様子で…周りからもあまりよい話は聞かなかった。今回は真木 徹さんも鍋島さんの同船者として大会に参加。どちらにも期待してます。

鍋島さんの今回のタックル

●ベイト3本

  1. 高比重ワームのノーシンカー
  2. 3インチホッグタイプの3/16テキサス
  3. ビックカーリーの3/8テキサス

●スピニング3本

  1. 4インチストレートワームのネコリグ
  2. 5インチストレートワームのネコリグ
  3. 6.5インチストレートワームのネコリグ

7:30
マリーナフレンズからスタート。まず向かったのは木浜の浚渫エリアで、ルアーは3インチホッグの5/16テキサス、「3本で6キロ、5キロは釣ってたエリア」と、この朝からの風に期待を寄せながら、朝一のファーストバイトを狙った。

8:20
スピニングで5インチストレートのネコリグにワームチェンジ。変えて速攻でバイトはあったが・・・その後が続かず、「ええ浚渫やのになぁ〜なんで釣れへんのやろ。」

8:40
若干北へ移動。違う浚渫へ着いた途端に同船者の真木さんにヒット!!スピニングリールのドラッグが鳴り、上がって来たのは1500gはあろうナイスプロモーションのバス。リグは鍋島さんと同じくネコリグでした。その後、鍋島さんにも来たが…こちらはノンキー。サイズも様々なようです。

9:50
バイト続かず、移動。沖の4メートルフラットへ移動。全く戦略を変えてみたが…ここでもバイトはなく。再び朝一の浚渫エリアへ。「ここでしばらく粘る。」

11:00
クランク、ネコリグと様々なルアーを投入するが、釣れず、再び移動する事に…向かったのは名鉄沖で「時期的にはまだ早い…」とは言いながらも、前回の大会では季節を先取りしたエリアで3位に入られた鍋島さんなら…ワームは6.5インチストレートのネコを投入。

11:45
期待とは裏腹にバイトはなく…アクティバの沖、4メートルへ移動。琵琶湖自体の湖流が少ないながらもボディウォーターの絡んでいたので、魚探にも無数の魚が映り…かなり期待が持てる。

12:00
アクティバ沖で鍋島さんが5インチストレートワームのネコリグでついにヒット!!600グラム程だが、とりあえず1本!!時間は残り少ないので一気に揃えたい所…

12:30
同船者の真木さんに2本目がヒット!!これも1300gはあるナイスフィッシュ!!「後、1本それぐらいの魚を釣ったらお立ち台や。」と、鍋島さんも同船者を応援。どちらもがんばれ!!

1:00
残念ながら、その後は釣れず…帰着を迎えた、一日お疲れ様でした。

う〜ん、今回の敗因は堰により水が動いておらず、メインエリアであった浚渫の魚の喰いが非常に悪かった事が大きかったように思うが、ボディーウォーターの当たるウィードエリアも人が固まっておりプレッシャーは相当高く、後1本が出なかった選手も多いようだった。船団には入らず果敢に攻めていただいた鍋島さん。そして、残念ながら後1本が出なかった真木さん。暑い中一日同船させていただきありがとうございました!!またこの暑い中お集まりいただいた選手のみなさんも本当にお疲れ様でした!!

レポートが大変遅くなって申し訳ございません。パソコンが壊れ、機能しない状態が続いておりました。本当にすみません。なんとか直りましたので、また次回もよろしくお願いいたします。