BIWAKO OPEN 2005

2005年6月26日 琵琶湖オープン第3戦 DENSOイリジウムパワーCUP 密着REPORT
Photo/Text by 上口祐二

渋谷 義人 さん
今回、同船させていただいた方は、
前回第2位の渋谷さんです。

偶然にも、私にとっては先輩に当たる方、
タックルベリーの店長さんでした。
(私は、アルバイトです)

「朝から風が強めな上に、バスも散らばっていてデカバスのポイントがわかりにくい」
とのことです。そのバスをどう探していくのかが今回の見所でした。


7:35 スタート
7:50 近江大橋北側・小ホール周辺着 水温は26.5℃
まずは、スピナーベイトで探っていきます。すぐにイモグラブに変えます。

8:05 ネコリグに変えウィード周りをねらいます。
そして数投する内にキーパーキャッチ。

「ウィードのエッジなどの人が良く狙う場所ではなく、
その下のウィードなどを狙って釣っている」とのことです。今日一日のメインパターンでもありました。ウィードはかなり出てきていて、水面近くまで伸びている物もありました。

その後もルアーをローテ。
8:25イモグラブでアタリあり。
テキサス等のリグも加え釣っていきます。

8:33ネコリグにて40UPヒット。
しかし「減水で堰がしまっているために濁りぎみ。堰が開いて流れがあればもっと釣れる」とのことで、あまりプラスな状況ではないようです。ギルアタリも非常に多いようでした。ルアーのローテを繰り返すがなかなか後に続かないようでした。

9:22 移動・人工島沖

9:34 カネカ沖 水温25.9℃ 水深は4Mほど
風が南風にかわり、強さも増していました。湖面も荒れ気味です。スワンプでスタート。しかしいいアタリもなく、時間だけがすぎていきました。

10:30移動。
マリックスワンド沖 水温25.9℃ 水深4Mほど
ここでもネコリグでスタートしかし結果はでず、さらに沖へ移動しました。ネコリグ、テキサスと攻めていくが釣れず、そのまま終了まで移動を繰り返し釣っていくが釣れず。

12:38帰着しました。

今回の渋谷さんの釣りは、あちこちに散らばっているバスを探す釣りですが、釣れる所ではしっかりねばり、釣れなくなったらすぐに見切りをつけ移動するスタイルでした。残念ながら今回は数多くのバスは上げられませんでしたが、釣り方としては、合っていたはずだと思いました。渋谷さんの次回に期待したいと思います。プレスをさしていただいてありがとうございます。お疲れ様でした。
 暑い中がんばられていたスタッフ、選手の皆さんもお疲れ様でした。次回もよろしくお願いします。