BIWAKO OPEN 2005


第1戦 木阪製作所 カップ 大会レポート

date:2005.3.27 天候:曇り 参加者数:238名 ウェイイン:74名 ウェイイン率31%


今年もビワコオープンが開幕しました。

不順な天候が続いている琵琶湖ですが、試合当日は春らしい穏やかな晴天に恵まれて、238名という過去最多の参加者が思い思いの釣りを楽しむことができました。 会場の様子をまとめたPHOTO ALBUMはこちら。

今回は大会本部の予想を大きく上回る参加者にお集まりいただき、スタッフ一同驚きと喜びを感じております一方、準備していた賞品が結果的に少なくなってしまい、みなさんに十分ご満足いただけなかったのでは?と危惧しております。次回はなお一層、ご参加のみなさまに還元できるよう勤めますので、次回も奮ってご参加くださいませ。

今回の冠スポンサーの木阪製作所様には会場内でひときわ目を引く鮮やかなカラードハルのSTACERを3艇用意していただき、試乗会も行われました。
また、 同社の元井様は大会にも出場、もちろんステーサーでのエントリーでした。結果はお立ち台は逃したものの見事6位に入賞されました。おめでとうございました。

今回も多くの釣具メーカー様、地元商店様よりご協賛を頂き、50位までの入賞者の他、ジャンケン大会や抽選で入賞できなかった方にも賞品を手渡すことができました。ご協賛頂きました企業様には心よりお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

■奥村哲史プロVS関根健太プロ■

奥村プロ・・・ノーフィッシュ
関根プロ・・・43位(1,580g・2本)
今回で3回目となる両者の対決。負けた方が賞品を提供、参加者にプレゼントするという企画です。結果は上記のように、関根健太プロの3連勝となりました。今回ノーフィッシュの方の中から奥村プロにジャンケンで最後まで負け続けた方に賞品がプレゼントされました。また、勝った関根プロからもジャンケン大会で賞品が手渡されました。

◆◆密着REPORT◆◆

今回、参加された奥村哲史プロと関根健太プロにスタッフが同船、密着レポートしました。
また、第2戦では今回3位までに入られた方の同船取材を予定しています。お楽しみに。
密着レポート /奥村哲史プロはこちら

密着レポート / 関根健太プロはこちら

個人成績発表

奥村プロに成績発表をしていただき、上位50位までの方に賞品が手渡されました。また、10位までの方にはインタビューも行われ、参加者の皆さんも真剣に聴いておられました。
個人成績一覧表はこちら、

順位 氏名 チーム名 釣果  
優勝 北 大祐 (キャッツボートクラブ) 6,640g(3本) 写真やコメントはこちら
2位 壽賀正則 (アークロイヤルボートクラブ) 5,860g(3本) 写真やコメントはこちら
3位 山本 貴 (からすまフィッシャーマンズパーク) 5,070g(3本) 写真やコメントはこちら
4位 中田篤実 (アークロイヤルボートクラブ) 4,110g(3本) 写真やコメントはこちら
5位 室田 修 (アークロイヤルボートクラブ) 3,930g(2本) 写真やコメントはこちら

上位5位までの皆さんの写真や入賞コメントはこちら

  • 6位 元井 保
  • 7位 村上明夫
  • 8位 山田英貴
  • 9位 岡本裕介
  • 10位 林 亮太

団体成績

団体戦は各チームの上位10名の合計ウエイトで競います。

順位 チーム名 ウェイト
優勝 アークロイヤルボートクラブチーム 31,630g
2位 キャッツボートクラブチーム 25,080g
3位 名鉄マリーナチーム 19,150g
4位 マリーナフレンズチーム 16,370g
5位 貸船オリーブチーム 13,740g
6位 リブレバスクラブチーム 9,250g
7位 レークマリーナチーム 7,110g
8位 からすまフィッシャーマンズパークチーム 5,070g
9位 都マリーナマリックスチーム 2,670g
10位 イシヅカマリンチーム 1,930g
11位 西琵琶湖マリーナチーム 0g

優勝したアークロイヤルボートクラブチームの皆さんおめでとうございました。

敬称は省略させていただきました。ご了承ください。