BIWAKO OPEN 2005


第4戦 ジャッカル カップ 大会レポート

date:2005.9.25 天候:晴 参加者数:223名 ウェイイン:150名 ウェイイン率:67.3%

台風接近の影響で強い北西風が吹き荒れ開催が危ぶまれましたが、事故もなく無事盛大に開催することができました。

9月中旬以降、日中は夏のような暑さが続き、、パターンが絞りにくい状況が続いておりバスの釣れ具合は低調気味。今大会もウエイトがどこまで伸びるか注目されていました。しかも当日は強風のダメ押しでフィッシングコンディションは最悪。やはり予想通りローウエイトの大会となり、風とうまく付き合ったアングラーが上位を占めることになりました。 会場の様子をまとめたPHOTO ALBUMはこちら

 


ジャッカルの秦 拓馬プロからジャッカルロッドが手渡されました。

■賞品■

今回の冠スポンサーのジャッカル様をはじめ多くの釣具メーカー様、地元商店様よりご協賛を頂き、50位までの入賞者、キッズ賞、レディス賞などの賞をもうけ、他にもジャンケン大会や抽選で入賞できなかった方にも賞品を手渡すことができました。ご協賛頂きました企業様には心よりお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

■奥村哲史プロVS関根健太プロ■vol.6■

奥村プロ・・・61位(1,140g・3本)
関根プロ・・・73位(1,000g・3本)

今回で6回目となる両者の対決。負けた方が賞品を提供、参加者にプレゼントするという企画です。結果は上記のように、奥村プロが2勝目をあげました。ジャンケンで最後まで負け続けた方に賞品がプレゼントされました。

■追悼■井手隆之プロ■

前回第3戦で5位に入賞し、その翌日突然他界されました故人を偲んで参加者全員で黙祷。仲の良かった方々にコメントしていただきました。また、会場にはご両親も見えられ、大会の様子をご覧になられました。

■アンケート■

現在、滋賀県ではルール・マナーを守ってバスフィッシングを楽しめるよう、琵琶湖でのフィッシングルール・マナーブック作りが計画されています。釣り禁止場所や航行規制エリアをわかりやすく解説したり、よりネガカリしにくい釣りの楽しみ方を初心者向けにレクチャーし、周辺環境とマッチしたバスフィッシングの楽しみ方を提示するためのマナーブックです。その準備として今回はネガガリに関するアンケートを実施させていただきました。沢山のご回答を頂きありがとうございました。

滋賀県自然環境保全課   協力:滋賀県釣り団体協議会

◆◆密着REPORT◆◆

前回の第2戦での上位3名のうち、今回も出場された1位の関根健太さんを密着取材しました。
密着レポート〜関根健太プロはこちら

個人成績発表

奥村プロと関根プロに成績発表と賞品の授与をしていただき、上位50位までの方に賞品が手渡されました。また、10位までの方にはインタビューも行われれました。なかなか厳しい釣果にいつもに増して参加者の皆さんも真剣に聴いておられました。入賞者の皆さんおめでとうございます。
個人成績一覧表はこちら、 年間個人成績一覧表はこちら

順位 氏名 チーム名 釣果  
優勝 喜多雅英 (マリーナフレンズ) 4,900g(3本) 写真やコメントはこちら
2位 村上明生 (アークロイヤルボートクラブ) 4,110g(3本) 写真やコメントはこちら
3位 橋本真澄 (都マリーナマリックス) 3,880g(3本) 写真やコメントはこちら
4位 浅岡滋樹 (からすまフィッシャーマンズパーク) 3,730g(2本) 写真やコメントはこちら
5位 渋谷義人 (からすまフィッシャーマンズパーク) 3,450g(3本) 写真やコメントはこちら
  • 6位 岩田健司
  • 7位 武田裕介
  • 8位 二宮達夫
  • 9位 寺川幸彦
  • 10位 広瀬正幸

団体成績発表

団体戦は各チームの上位10名の合計ウエイトで競います。

順位 チーム名 ウェイト
優勝 アークロイヤルボートクラブチーム 22,670g
2位 キャッツボートクラブチーム 19,770g
3位 マリーナフレンズチーム 18,780g
4位 名鉄マリーナチーム 16,140g
5位 からすまフィッシャーマンズパークチーム 13,940g
6位 レークマリーナチーム 13,740g
7位 貸船オリーブチーム 13,470g
8位 リブレバスクラブチーム 11,930g
9位 イシヅカマリンチーム 10,430g
10位 都マリーナマリックスチーム 5,080g
11位 西琵琶湖マリーナチーム 2,690g

優勝したアークロイヤルボートクラブチームの皆さんおめでとうございました。

敬称は省略させていただきました。ご了承ください。