BIWAKO OPEN 2005


第5戦 バスカントリー・ブラッシュ カップ 大会レポート

date:2005.10.30 天候:晴 参加者数:254名 ウェイイン:139名 ウェイイン率:55%

 快晴、穏やかな天気に恵まれ、過去最高の参加者にお集まり頂き楽しい一日となりました。最終戦ということで賞品も豊富で、ジャンケン大会・抽選会で大いに盛り上がりました。
 今回は冠スポンサーであるバスカントリー様、BRUSH様より奥村哲史プロ、関根健太プロ、秦拓馬プロ、大仲正樹プロもご参加くださり、そろいのTシャツも華やかで会場は一層賑やか雰囲気となりました。 会場の様子をまとめたPHOTO ALBUMはこちら

ターンオーバーや減水傾向のせいか、この一ヶ月ほど琵琶湖は厳しい状況が続いています。今大会も優勝ウエイト、ウエイイン率共に伸び悩み、今の琵琶湖の状況そのものという結果が出ました。

■賞品■

今回の冠スポンサーのバスカントリー様、ブラッシュさまをはじめ多くの釣具メーカー様、地元商店様よりご協賛を頂き、50位までの入賞者、年間総合成績上位3名のほか、今回は最終戦ということもあり、抽選やジャンケン大会でたくさんの皆さんに豪華賞品を手渡すことができました。ご協賛頂きました企業様には心よりお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

■奥村哲史プロVS関根健太プロ■vol.7■

   奥村プロ・・・47位(1,380g・3本)
   関根プロ・・・ 8位(3,080g・3本)
今回で7回目となる両者の対決。負けた方が賞品を提供、参加者にプレゼントするという企画です。結果は上記のように、関根プロが5勝目をあげました。ジャンケンで最後まで負け続けた方に賞品がプレゼントされました。

個人成績発表

今回はBRUSHプロサポーターのみなさんに成績発表と賞品の授与をしていただき、上位50位までの方に賞品が手渡されました。また、10位までの方にはインタビューも行われれました。入賞者の皆さんおめでとうございます。 個人成績一覧表はこちら

順位 氏名 チーム名 釣果  
優勝 有馬則行 (マリーナフレンズ) 4,270g(3本) 写真やコメントはこちら
2位 高野晴輝 (キャッツボートクラブ) 4,140g(3本) 写真やコメントはこちら
3位 長谷川将稔 (キャッツボートクラブ) 3,620g(3本) 写真やコメントはこちら
4位 木賢士 (アークロイヤルボートクラブ) 3,270g(2本) 写真やコメントはこちら
5位 喜多雅英 (マリーナフレンズ) 3,240g(1本) 写真やコメントはこちら
  • 6位 渡並裕士
  • 7位 岡部輝行
  • 8位 関根健太
  • 9位 村井茂之
  • 10位 高野 誠

年間個人成績発表

個人年間成績は5戦中、4戦の合計ポイントでランキングされます。今年はフル参戦、ほぼ毎回高成績をあげられた方が上位を独占しました。上位3名には豪華賞品が手渡され、また、10位、20位、30位・・・の皆さんにもトビ賞として賞品が手渡されました。おめでとうございました。
年間個人成績一覧表はこちら

順位 氏名 ポイント チーム名
優勝 北山利通 142ポイント (リブレバスクラブ)
2位 喜多雅英 135ポイント (マリーナフレンズ)
3位 橋本真澄 135ポイント (都マリーナマリックス)

団体成績

団体戦は各チームの上位10名の合計ウエイトで競います。

順位 チーム名 ウェイト
優勝 アークロイヤルボートクラブチーム 23,620g
2位 キャッツボートクラブチーム 22,660g
3位 名鉄マリーナチーム 16,740g
4位 マリーナフレンズチーム 15,930g
5位 イシヅカマリンチーム 13,800g
6位 貸船オリーブチーム 13,300g
7位 リブレバスクラブチーム 7,850g
8位 レークマリーナチーム 6,850g
9位 都マリーナマリックスチーム 5,360g
10位 からすまフィッシャーマンズパークチーム 4,450g
11位 西琵琶湖マリーナチーム 2,990g

優勝したアークロイヤルボートクラブチームの皆さんおめでとうございました。

敬称は省略させていただきました。ご了承ください。