BIWAKO OPEN 2006



一昨年、昨年と続き…今年も私、西尾匡弘が琵琶湖オープンのプレスを
勤めさせていただく事となったので…今年もよろしくお願いいたします。

今回密着取材させていただいたのは、アークロイヤルボートクラブを拠点に
プロガイドとして活躍されている 大仲 正樹 プロで、
以前から名前や顔などは知っていたが、
どんな釣りをされるか見てみたかった事もあり…
同船する事が決まった時は正直うれしかった。


今日の琵琶湖の天気は曇りでほとんど風はなく、比較的穏やかであった。春と言っても水温は10度程度…まだまだ春本番とは言いにくい中での大会となった。

6:00 今回お世話になる大仲選手とアークロイヤルボートクラブにてご対面。「会場の手伝いをしてるから、まだ全く用意が出来てない!」とおしゃるので…僕ががその会場の手伝いを大仲プロと変わり、とりあえず釣りの用意に専念していただいた。
7:30
アークロイヤルからスタート!スタート場所がそれぞれの所属するマリーナごとなので、各選手によって違うのも琵琶湖オープンのおもしろい所の1つ。自分の行きたいポイントに近い場合もあるし、反対に遠い場合もあるのだ!!

7:50
ファーストポイントのディープホールの南壁に到着。

投げたルアーは3/8テキサスのホッグワームで、今日はあまり移動せずに「粘る」との事…「持久戦かな?」と思いメモを取っていると…2投目にいきなりヒット!!上がって来たのは40cm程のバス!!あまりに大仲プロのランディングが早かったので…僕は全くカメラを構えられなかった…。

7:55
いきなりのヒットから少し落ち着いたので…ヒットした釣り方を聞いてみると…「南壁にワームをこすりながら…這わせるようにゆっくりとアップヒルに狙うだけ。」とのこと…と、言っても琵琶湖プロガイドの人。そこには何かキモがあるに違いない…。
8:10
ディープホール水中島を狙ってみる…ルアーは同じくホッグワーム。
「喰えば50はあるバスが釣れる」そうだ…大仲プロの言うベストコースでしばらくキャストを繰り返し、逆の方向からもルアーを通してみるが…既に誰かの攻めた後なのか?アタリは出なかった…。
9:00
この頃…朝一はほとんど誰もいなかったディープホールにだんだんと人が集まり…一列に船団が形成されてきた…。選手が移動してくると言う事は、あまり釣れてないだろうと容易に予測出来た。その頃、大仲プロは釣ったバスのエア抜きを入念に行う…。

9:30
ディープホール南壁をひたすら攻める!
風も出ないし…しばらく沈黙が続いたが…突然大仲プロにヒット!!今度は慌ててカメラを構える!でかそうだ…!!と、上がって来たのは…やはり50アップのバス!!

あと1本でリミットメイク〜!!
狙い方は朝一と一緒で、ポイントはプリンス近くの南壁でした〜。
10:00
釣れてるには釣れてるが…人は多いし、気分を変えたいとの事で…北山田へと移動!!大仲プロお得意のハードボトムを狙う…。 
11:20
反応がなかったので…再び南壁へ戻る事に…どうしても後1本が欲しい!!「頼む、風吹いてくれ!!」と、大仲プロ…。少し浮気をして西壁もやってみるが、反応もないので…やっぱりアタリのあった南壁で粘る事に…。

12:00
帰着時間が迫る…沈黙していた所に…「アタった!」とまた突然アタリが…ドラマが起こりそうな予感。最後に…最後に…。
  
13:00
帰着 ドラマは起こらず…、結果は…2840g!!14位!!(232名中)

●今日のタックル
ロッドは全てガンクラフト製。
ベイト6本 スピニング1本。
一日通してメインに使われたのは・・・
デッドソード・ジャンク70H 14ポンド 3/8テキサス 4インチホッグ

 あと1本こそは出なかったが…この成績はさすが、プロガイド!!大仲プロの釣りを見られてまた1つ貴重な体験をさせていただきました…。一日同船させていただいてありがとうございました!!


大仲 正樹プロのホームページはこちら