BIWAKO OPEN 2006


琵琶湖オープンのプレスをやらせていただいている西尾です!皆様はお元気ですか!

そう!今回密着させていただいたのは第1戦を6位、前回の第2戦を2位と…超がつく好成績で第2戦終了時…年間1位の「浅岡 滋樹」さんです。どんな人かと思えば…「バガボンド」がスポンサーに付く、玄人アングラーでした。


今回お世話になる浅岡選手とアークロイヤルボートクラブにてご対面。スタート時刻が迫っていたので、すぐにボートに乗り込み…緊急出撃…!!
まだまだ梅雨を抜けきらないこの季節に加え、スポーニングの遅れでバスの状態も様々、天候も様々な状態だが…一体どんな釣りをされるのか…?
7:40
ポイント到着! ファーストポイントは赤野井のシャロー。烏丸半島側のハスに向けて1/2オンスのスピナーベイトをキャスト!水面ギリギリを狙っていく…。浅岡さんの話では昨日のプラクティスで1・5〜2キロのバスを同じパターンで数匹釣っているそうだ…。期待大…!!

7:50 
ルアーチェンジ! 「おかしい!」浅岡さんのスピナーベイトに反応がないので…同じ場所にバズベイトを通してみる…そう、この時からあいにくの雨が降り始める…始まったばかりだが、いつも通り嫌な予感が脳裏を過ぎる…。
8:00
やや移動! すぐ近くの一文字にボートを進め…スピナーベイトで際をテンポよく狙う!「う〜ん、サイトしようか…このまま勝負するか…迷う!」と浅岡さん。まぁ…僕的にはとりあえず安心できる一本が欲しい状況ですな…。
8:05
ヒット! スピナーベイトに喰った!1300グラム程のバス!大満足の一本ではないが…ちょっと安心の一本!「余計にサイトしようか迷う…」との事ですが、朝から吹く強い風と雨が非常に気になる…。
9:00
移動! 赤野井を見切り、小野前一文字に到着。スピナーベイトをチョイス!一文字の角等にはテキサスリグも投入し、反応を見てみる…。 そう、この時から…「スコールか!?」と思わせるような超大雨に見舞われ…。僕のレインウェアは雨漏れを始めた…(苦笑)
10:30
移動! 少しおさまった隙に移動!!下物の水門をくぐり…シャローへと入る。ここはまだ風も波もまだマシ…バスも入って来ているハズ!!ここでもスピナーベイトをキャスト!アシ際から…真珠棚の際を通す…!!そう、勝負はこれから!
11:00
ヒット! ノンキーが釣れた直後!1本目と同じぐらいのバスが何も無いウィードでスピナーベイトにヒット!雨の影響か?バスがマンメイドストラクチャーにつかずにシャローをウロウロしているようだ。釣れたのはうれしいが、バスのエリアを絞り込みづらい状況だ!
11:40
ヒット! 雨も止み…晴れ間が差してキテから数十分後…待望の3本目がヒット!!「今日で一番デカイ!!」との声とともに上がってきたのは1500グラム程のナイスバス!と同時に安心のリミットメイク〜!!真珠棚横の朽ち木の間をスピナーベイトを通して…でした!
11:45
ヒット! またまたヒット!同じく朽ち木の間を通して喰った1本!サイズアップに成功!どうやら晴れた事によって散っていた魚がストラクチャーにつき始めたようだ…順調!順調!最初の苦戦が嘘のようだ…!浅岡さんの更なるサイズアップに期待したい!!
12:00
バイト! アシの中に入れたテキサスのホッグワームにバイトあり!他にもテキサスにバイトはあったが…乗らず!切り替えて再びスピナーベイトに!浅岡さんの今日のリズムにはスピナーベイトなのだろう…。残り1時間〜!!
12:20 やや移動! 水門の壁の窪みをテキサスで狙う!壁の際にはスピナーベイトを通して反応を伺う…さぁ最後に来い!との願いも届かず…荒れた湖面を帰る事に。
12:45
帰着! 予想よりは早く着き…帰着を迎える。ボートを止めると、横には見た事がある黒いレンジャーが…と思ったら大御所!「下野さん」でかなりビックリ!「釣れたか?」と声を掛けられ…「プレスです!釣りしてません(笑)」と。下野さんも琵琶湖オープンに出られたんですね…。ビックリしました。あっ!写真取り忘れました(笑)
13:00
ウェイイン! 結果は3本3940g!順位は(220名中)10位!年間1位キープ!さすがの好成績!プロガイドや上位選手が北山田や沖のエリアに集まった中、見事シャローでのスピナーベイトを押し通しての結果!浅岡さん的にはもっと行きたかった所だろうが…釣れないプレスとして有名な僕としては嬉しいです。
ちなみに僕が2年半続けて来たプレスでの最高ウェイト記録が更新!!このまま釣れるプレスになって行くぞ〜!もう1人のプレスで同期の上口とは違って…釣れるプレス宣言!!

今回同船させていただいた浅岡さん!ぜひ年間1位、また次戦も1位を目指して頑張って下さい!一日同船させていただきありがとうございました!また冠スポンサーを務めていただいたシマノスタッフの皆さん!ブースまで出していただき、悪天候の中ありがとうございました!

西尾 匡弘