BIWAKO OPEN 2007

BIWAKO OPEN 2007 MENU

HOME


第2戦 シマノ・オーナーばり カップ 上位入賞者コメント

優勝 中平 賢二 (キャッツボートクラブ)   5,540g (3本)

当日のコメントムービーはこちら(19MB)
■入賞者コメント
いつも釣行の時はお世話になっているキャッツボートクラブさんの前の葦原からチェックします。今朝もいつものようにルアーを投げてみると・・・なんと56cm/3200が出てしまいました。リグは5gのテキサスリグです。その後、雄琴マリーナさんの方へ向けて葦原をチェックするもノーバイト。対岸の赤野井一文字周辺、ミオ筋絡みのウイードをJHのカットテールをウイードに掛けては外すを繰り返し、3本キャッチして今回のウエイトになりました。運よく優勝できて感激です。素晴らしい機会を与えてくれたみなさんに感謝しています。どうもありがとうございました。

2位 二ノ宮 友亜 (イシヅカマリン)   5,130g (3本)

当日のコメントムービーはこちら(11.5MB)
■入賞者コメント
 試合当日は前日プラで唯一キーパーがとれた木の浜沖の水深3〜3.5メートルのハードボトムで風に流されながら、シャッドシェイプ4インチのダウンショットで釣っていくパターンをやり通しました。プラではあまり釣れなかったので「キーパーがそろえばラッキーだな」ぐらいのつもりで釣り始めたところ数投で50ぐらいのキッカーが釣れ、興奮しながらエレキで何度も同じラインを流すと15分後ぐらいにもう一匹50ぐらいのナイスフィッシュが釣れ、もうこのパターンを1日やり通すしかないと思い、試合時間やり通しましたが40ぐらいのを1本追加したのみであとはマメだけで試合終了となりました。
 最後にいつもお世話になっているイシズカマリンのみなさんとすばらしい大会を開催してもらっているビワコオープン運営スタッフのみなさんに感謝します。そして琵琶湖というすばらしいフィールドでいつまでもバスフィッシングを続けれることを願っております。

3位 鷲見 隆行 (アークロイヤルボートクラブ)   4,860g(3本)

当日のコメントムービーはこちら(14.8MB)

■入賞者コメント
昨日のプラクティスで好感触を得ていた赤野井一文字沖から烏丸半島にかけての水深2m前後のエリアを狙いました。朝一はジョインテッドクローで40Upを1本。その後、メインはフリックシェイク4.8インチのジグヘッドワッキーで最大54cm他多数。デッドリンガーテキサスのマキマキもウエイトUPに貢献してくれました。今日はキーパーを全部で8本、ノンキーは20本ほど釣れましたので、入ったエリアの魚影は濃かったんだと思います。お立ち台に立てて感激です。本当にありがとうございました。

4位 坂本 慎太郎 (からすまフィッシャーマンズパーク) 4,600g(3本)

当日のコメントムービーはこちら(7.7MB)

5位 池田 和仁 (貸船オリーブ)           4,550g(3本)

当日のコメントムービーはこちら(12MB)
■入賞者コメント
 今回、琵琶湖オープンに出場するにあたりプラを6月初旬から進めていた優勝目指して!!
まずは、6月2日に西琵琶湖オーナーズ・カップで、初めて湖北、西岸を攻めて入賞しそして、6月10日NBC琵琶湖チャプターで南湖を攻めて優勝!!
 琵琶湖オープンでは、湖北を中心に作戦を考えていました。 少し危険な作戦でしたが、見事に作戦通りになったと思います。 その作戦とは、片道20キロは、あるかな? 距離があるし情報不足。西琵琶湖オーナーズ・カップで美味しい思いをしたポイントでまだサイトが出来ると確信していたからです。 南湖ですが私に獲れる魚は、居ないと思いました。
 さて気になるリグですが、全てテキサスリグです。ワームは、チューブワームとレインの3.5レインズ・ホッグです。
この素晴らしい琵琶湖でトーナメントの場を与えて下さった琵琶湖オープンのスタッフの皆様に感謝致します。 そして私をサポートしていただいてるレイン様、USラッキークラフト様、擬似餌屋様、西琵琶湖マリーナ様今後とも宜しくお願いします。
 最後になりますが私のブログですhttp://wajin.blog63.fc2.com/覗きに来て下さい。ありがとうございました。