BIWAKO OPEN 2008

BIWAKO OPEN 2008 MENU

HOME

ジャッカル
第4戦 ジャッカル カップ 大会レポート

date:2008.11.30 天候:晴れ 参加者数:195名 ウェイイン:88名 ウェイイン率:45%

いよいよビワコオープン2008も最終戦を迎えました。タフコンディションが続く琵琶湖、しかも当日は南西からの強風が吹き荒れるなど、厳しい状況が重なる中での開催となりましたが200名弱のアングラーにお集り頂き、盛大な大会を開催することができました。

会場の様子をまとめたPHOTO ALBUMはこちら。

ジャッカル

冠スポンサーのジャッカル様からはプロスタッフの中島成典プロ、秦 拓馬プロが参加してくださり、司会進行で会場を盛り上げてくださいました。また、会場内に展示ブースを出展して頂き、話題のルアーや最新のロッドを手にとって見ることが出来ました。

賞品

今回は最終戦ということもあり、冠スポンサーのジャッカル様のロッド、多数のルアーをはじめ、高額電化製品やお米、近江牛、釣具、玩具など、沢山の賞品が用意されました。上位50位までの入賞者と、奥村哲史プロ、関根健太プロによる抽選会・ジャンケン大会で多数の参加者に喜んでいただきました。ご協賛頂きました企業様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

成績発表

厳しい初冬の戦いを制したのは、ビワコオープン初優勝の木村建太プロで、口を使わないバスをサスペンドチューンしたクランクベイトで狙っての見事な優勝でした。今回はジャッカルプロスタッフの中島成典プロ・秦 拓馬プロに成績発表と賞品の授与をしていただき、上位50位までの方に賞品が手渡されました。 成績一覧表はこちら

優勝 木村 建太 4,930g(3本) (マリーナフレンズ)


当日のコメントムービーはこちら

2 位 粟津 裕貴 4,000g(3本) (からすまフィッシャーマンズパーク)


当日のコメントムービーはこちら

3位 上野 秀雄 3,410g(3本) (レークマリーナ)


当日のコメントムービーはこちら

4位 中森 勇志 3,310g(3本) (マリーナフレンズ)


当日のコメントムービーはこちら

5位 大仲 正樹 3,290g(3本) (アークロイヤルボートクラブ)


当日のコメントムービーはこちら

  • 6位 縣 智丈
  • 7位 池田 祐幸
  • 8位 村井 茂之
  • 9位 灰野 貴之
  • 10位 関根 健太

■成績発表−年間成績−

年間4戦のポイント(同ポイントは総ウエイトの高い選手が上位)で争われる年間ランキングは僅差の戦いを制し、大仲正樹プロが2年連続、年間総合優勝のとなりました。 年間成績はこちら

    総合 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦
優勝 大仲正樹 130pt(12,400g) 5pt(0g) 31pt(4,690g) 48pt(4,420g) 46pt(3,290g)
2位 木村建太 129pt(13,590g) 36pt(3,930g) 5pt(1,480g) 38pt(3,250g) 50pt(4,930g)
3位 上野秀雄 128pt(15,000g) 48pt(6,440g) 5pt(2,670g) 27pt(2,480g) 48pt(3,410g)
4位 喜多雅英 120pt(1,3790g) 46pt(5,360g) 18pt(3,980g) 20pt(2,220g) 36pt(2,230g)
5位 粟津裕貴 112pt(1,0490g) 32pt(3,370g) 5pt(690g) 26pt(2,430g) 49pt(4,000g)

敬称は省略させていただきました。ご了承ください。