BIWAKO OPEN 2016

BIWAKO OPEN 2016 MENU

HOME

ボレアス 第1戦 ボレアス カップ 大会レポート

date:2016.3.27 天候:晴れ 参加者数:299名 ウェイイン:140名 ウェイイン率:46.8%

ビワコオープン2016がいよいよ開幕を迎えました。暖冬から一転、3月半ばから冷え込みが続き、試合前々日には雪が舞うほどの寒さで試合当日の天候も心配されましたが、幸いにも荒天に恵まれ300名近くの多くのアングラーにお集まりいただき盛大な大会を開催することができました。尚、ビワコオープンではスポーニング最盛期の大会開催は自粛しておりますので、次回は5月末の開催となります。
会場の様子をまとめたPHOTO ALBUMはこちら

■BOREAS

冠スポンサーのボレアス様には参加賞、豪華賞品のご提供や代表の長谷川耕司プロの司会進行で会場を盛り上げていただきました。

■賞品

スポンサーの皆様には、今年もたくさんの商品提供のご協力をいただきありがとうございます。釣り具やボート用品、電化製品から生鮮食料品、日用品とバラエティー豊かな賞品で入賞者や抽選会で参加者にお渡しさせていただきました。

■成績発表

上位5名には入賞盾、50位までには豪華賞品が手渡されました。成績一覧表はこちら

優勝 宮崎竣太 8000g(3本) ( からすまフィッシャーマンズパーク )

入賞パターン

北湖東岸の河川絡みを狙いましたが釣れず、南湖西岸のウイードアウトサイドをバレッジスイマー3/8・ドライブシャッドで狙って風のあるタイミングで釣れました。風の無いタイミングではフリックシャイク4.8のドラッギングを使いました。同じラインを何度も流しての釣果です。

2位 南 一将 6410g(3本) ( ビワコマリン )

入賞パターン

プラで見つけた木浜浚渫のショルダーでベイトが溜まっているスポットで釣りました。ショルダー周辺をスイミングマスター5/8.スイングインパクトファットで狙って2本。途中、少し北湖の東岸の河川絡みも見に行ったんですが、イマイチですぐに同じ木浜のポイントに戻って3kクラスのメスを追加することができました。

3位 下野正希 5720g(3本) ( リブレバスクラブ )

入賞パターン

先週から北湖の反応が悪くなったので、今日は久しぶりの南湖狙いで、久しぶりにリブレから南へ向けて取水塔をクリンクルJHで一つずつ打って行って1バラシ。北山田まで下って、フラットなスポーニングバスが入って来る1.7〜2mのエリアを3.5gライトTX・キッカーバグで狙って4Kフィッシュ含む4バイトで2本キャッチ。ふとそのエリアの沖が気になって、フリックシェイクのドラッギングで狙って1本追加と、今日は何かとラッキーが続く一日でした。

4位 藤尾年輝 5460g(2本) ( リブレバスクラブ )

入賞パターン

北湖東岸8〜11mをダイワ・ネコストレート5”のネコリグ1/32〜1/16ozで釣りました。

5位 小林進作 5380g(3本) (アークロイヤルボートクラブ )

入賞パターン

ひたすらボトムをダウンショットでじっくり狙いました。葉山川沖4mのハゲてる所を何度も流してMOIKEウォブルシャッド3”のダウンショットで釣りました。

敬称は省略させていただきました。ご了承ください。