6BIWAKO OPEN 2016

SUZUKI MARINEボレアス
第4戦 スズキマリン・ボレアス カップ 大会レポート

date:2017.11.26 天候:曇り 参加者数:237名 ウェイイン:104名 ウェイイン率:43.9%

いよいよビワコオープン2017も最終戦です。今年も多くの参加者、スポンサー様、サポーター店のご協力により無事に最終戦を迎えることができました。今年の秋は寒い日が続いて、初冠雪で白くなった蓬莱山の雪も中々とけない日が続いており、釣果の方も厳しい状況です。大会でもウエイイン率が約44%と非常に低く、上位のウエイトも6kg台をマークしたのは一人だけという厳しい結果でした。しかしながら、最終戦ということで、いつも以上に豪華な賞品が揃い、抽選会では寒さを吹き飛ばす盛り上がりを見せていました。

会場の様子をまとめたPHOTO ALBUMはこちら

■スズキマリン・ボレアス

冠スポンサーのスズキマリン様、ボレアス様には最新エンジンの展示や多くの協賛品、長谷川耕司プロの司会進行で会場を盛り上げていただきました。

■賞品

スポンサーの皆様には、今回もたくさんの商品提供のご協力をいただきありがとうございます。釣り具やボート用品、電化製品から生鮮食料品、日用品とバラエティー豊かな賞品で入賞者や抽選会で参加者にお渡しさせていただきました。ジュニア賞、レディス賞も豪華で笑顔の絶えない抽選会となりました。ビワコオープン名物、近江牛争奪ジャンケン大会も盛り上がりました!

■成績発表

上位5名には入賞盾、50位までには豪華賞品が手渡されました。
成績一覧表はこちら
年間成績はこちら

優勝 松田守彦 6220g(3本) ( からすまフィッシャーマンズパーク )

入賞パターン

普段は霞ヶ浦のJB戦に出ていてビワコオープンは初参加。前日プラでは小バスが1本しか釣れず、ウィードの状況も解らず手持ちエリアが無いので、地形変化に絞ってディープホールで前日に見つけておいたハードボトムを数ヶ所回り、サーキットバイブ3/8のリアクションでやって朝一に60upと55が出て、その後30upを追加しました。冨本プロから「サーキットバイブのリアクションが良いよ」とアドバイスをもらってやり切れたので、冨本プロに感謝です。

2位  村田直紀 5490g(3本) ( マリーナフレンズ)

入賞パターン

朝から雄琴エリアのインサイド3.5〜4mラインでウルトラスレッジを巻いて全部で10本程度釣れましたが全てノンキー。その後は浜大津に移動して地形変化+ウィードで回遊待ちをして、ボウワーム5インチの2.3gネコリグの1点シェイクで狙って50up×2ほかでした。浜大津エリアは春からずっとやってたエリアで魚探にも映らないような狭いスポットなんですが、タイミングが合えば回遊の魚が入ってくるスポットです。

3位 上田恭弘 5410g(3本) ( ビワコマリン )

入賞パターン

プラではシャローのパンチング、沖の釣りもやってみましたがまったくダメだったので、今日はカネカ〜アクティバ沖、赤野井沖の各ウィードエッジでトレジャートラップ(ワンフック使用ブレード9枚)を巻いてこのウエイトが揃いました。最後は入れ替えを狙ってカバーの釣りもやりましたが釣れずでした。

4位 伊藤大記 5250g(3本) ( ウエストマリーナオリーブ )

入賞パターン

今日はノンボーターでビワコオープン初参加。朝から六本柱南に入りましたが、かなりの船団だったので更に南の秋に良かったスポットに入り、フォールシェイカーの0.9gネコリグをやって全部で5バイト3フィッシュの5250gでした。

5位 木村祐太 5170g(3本) (からすまフィッシャーマンズパーク )

入賞パターン

六本柱〜唐崎沖の4〜5mライン、残りウィード+ベイトフィシュが居るスポットを探しながらサーキットバイブ1/2をやって2人で10本程度釣れました。サーキットバイブは着底〜ステイの時間を極力短くして、リズムよくアクションさせる釣りで反応が良かったです。ビワコオープン初参加でお立ち台に立てて嬉しいです。

■年間成績発表

年間5戦のポイント(同ポイントは総ウエイトの高い選手が上位)で争われる年間ランキング。上位5位までの皆様には盾とバッテリー等の商品が手渡されました。
年間成績一覧表はこちら

順位 氏名 総合 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦
優勝 鈴木 祥 357pt
(22490g)
73pt
(4270g)
93pt
(6980g)
98pt
(6930g)
93pt
(4310g)
2位 冨本タケル 350pt
(23200g)
98pt
(8880g)
83pt
(6100g)
88pt
(5430g)
81pt
(2190g)
3位 國澤高士 286pt
(21200g)
95pt
(7950g)
95pt
(7200g)
91pt
(6050g)
5pt
(0g)
4位 榎 遼介 285pt
(20930g)
0pt
(- g)
98pt
(8000g)
99pt
(9220g)
88pt
(3710g)
5位 藤井 成 276pt
(17910g)
93pt
(7200g)
39pt
(4070g)
55pt
(2900g)
89pt
(3740g)

敬称は省略させていただきました。ご了承ください。